さえ丼

ボロボロの3月後半


b0176257_14345699.jpg

さえドンの風邪、なかなかスッキリしません。

熱から始まって、ノロウィルスで下痢ピー、そしてただ今は
咳がコンコン。

それでもだいぶ落ち着いてきたかな??
私にもうつったり、お部屋での大人しくしてる時間が多すぎて
外で遊びたい!!フラストレーションが我が家は蔓延しております。

しかも泣きっ面に蜂とはまさにこの事なんですが・・・。

一昨日の晩、ダイニングの椅子から落下!
(よく落ちるんですけど…)

どうなっちゃたのか、口から流血。
慌てて口の中を確認すると、上唇正帯っていうらしい(上唇の裏のひだ)
がパックリちぎれててーーーーーー!!!歯茎と唇が分割…アワワ。

さすがに焦って救急車を呼んでしまおうかと思った。
けど出血もすぐ治まったし、そのまま寝かせてしまいました。

翌日、小児歯科で診てもらったら、ちぎれても何の問題も無いし、
むしろいい感じにちぎれて良かったね、との事??

どちらかというとさえドンのひだは前歯に寄りぎみだったので、そのまま
いくと歯並びが悪くなるか、3歳ぐらいに切開することになるかも知れなかった
から、ちぎれてラッキー♪♪ということらしい。

が、一応おんなのこだし、ホント気をつけないといけませんね~。
すでに顔はあざだらけだし…汗。


その日の夜から、NO椅子生活、床座生活に切り替えました。。。
さえドーーン、危険なことばっかりするのやめてくれ~。













上唇小帯の異常   じょうしんしょうたいのいじょう

上唇小帯とは、上唇を引きあげた時に、唇の裏側と前歯の歯肉との間に付いている、粘膜のひだのような部分をいいます。生まれたての赤ちゃんでは、比較的太く厚いものです。前歯の乳歯の生えてくる部位の極く近くに付いていますが、発育するにつれて次第に細く、また薄くなり、付着する位置も序々に歯から離れていきます。これは、歯槽骨という歯を支えている顎の骨が成長するためです。前歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期(6歳ぐらい)になっても、中切歯の間から裏側まで延びている場合には、手術をすることがあります。いずれにしても、赤ちゃんの間は様子を見ることになりますが、乳中切歯が上唇におおわれて磨きにくいので、ブラッシングは注意して、ていねいにしてあげて下さい。
[PR]



by riosakisakana | 2010-04-01 14:37 | こども

2008年10月28日 さえちゃん誕生からの記録
by riosakisakana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ライフログ

検索

タグ

最新の記事

写真
at 2015-05-14 12:47
移転
at 2010-08-31 21:21
日間賀島
at 2010-08-23 16:00
名古屋城宵祭り
at 2010-08-09 21:55
おやこカフェ にこ
at 2010-08-06 17:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧